NAVER公式代理店 スタッフブログ

ポータルサイトNAVERの主要コンテンツの解説や、検索広告のご紹介<br>
韓国のネット事情から気になる最新情報までを発信していきます!

タグ:NAVERモバイル

約90%のスマートフォン普及率を誇る韓国だけにモバイルインターネットの利用量が日々増加しています。NAVERでは、2013年5月に既にモバイルでの検索量がPCを抜きました。そうした状況下、2015年は、モバイルでの広告収益の大幅増加を視野に入れた改変がNAVERで諸々進行しています。

今回の「モバイルバナーβ」の終了も、そうした動きの1つと思われます。露出面は、NAVERモバイルの一部のサブ・コンテンツ面と外部のWEB/アプリ面でしたが、ここ数年の状況としては、NAVER本体面については、CPM型の「モバイルディスプレイ広告」側が優先表示される露出調整が行われていた為、本体面でのインプが減っており、実質、外部ネットワークへの露出がメインとなっていました。

そうした状況もあり、何となく予感はしていましたが、「モバイルバナーβ」は、結局、入札方式に移行することもなく、β期間の特典としていた固定CPC100ウォン(ローリングタイプ120ウォン)というプロト版のまま終了することになりました。

この結果、5月以降のNAVERのモバイル面のバナー枠は、CPM型の「モバイルディスプレイ広告」に集約される形になりますが、新しいメニューのリリースが今後あるかも知れません。その際は、別途、ここでご案内させて頂きます。

■終了サービス:モバイルバナーβ
■終了日:2015年4月30日(木)=4月までは、CPC100ウォンで出稿できます!
■レポート閲覧期限:2015年10月31日迄

2015年は、NAVERの広告収益全体に占めるモバイル広告の割合が大幅に増加するだろうという見方がアナリスト含め大勢のようです。2014年第4四半期で30%超、2015年には、50%を超えると予想されています。

昨年、一部の業種に限定してテスト販売し ていたモバイル向け検索広告「クリックチョイスプラス」が2015年は、本格販売する見込みであることを始め、韓国の高いスマートフォン人口普及率がモバイルインターネット利用率を更に上昇させており、NAVERでもモバイルの検索PVが昨年9月時点で、PCの1.6倍に達しているというデータも出ています。(*イメージ検索に至っては、PCの2.5倍!!)

チケット予約大手「インターパーク」(인터파크)のモバイルサイトが外部パートナーに加わるなど、外部のネットワークも強化されてきています。

そんな中、モバイル検索面の広告表示について、CTRの向上を目的に、可読性と視認性を高めたUI変更が昨日(1/7)行われました。こちらも数字の動きを見ていきたいと思います。


【変更前】
10964
【変更後】
 
11131

↑このページのトップヘ