NAVER公式代理店 スタッフブログ

ポータルサイトNAVERの主要コンテンツの解説や、検索広告のご紹介<br>
韓国のネット事情から気になる最新情報までを発信していきます!

タグ:LINE

弊社では、2014年4月より韓国のNo.1ポータルサイト「NAVER」の公式代理店事業を行っておりますが、今年の1月より、同ポータルサイトを運営する韓国Naver Corp.の関連会社、ワークスモバイルジャパン株式会社が提供する、法人向けのグループウェア「Works Mobile」の正規販売パートナーとなり、お取り扱いを開始しております。


01_WJ_Plogo_line


Works Mobileとは?
渋谷に本社(2016年4月現在)を置くワークスモバイルジャパン社が提供する、法人向けグループウェアです。親会社は韓国Naver Corp.になり、日本のNo.1メッセンジャーアプリ「LINE」とは、兄弟会社になります。法人向けのメッセンジャー機能に加え、メールやスケジュール管理がワンストップで出来るサービスです。

特徴としては、メッセンジャー機能では、LINEのユーザインターフェースを踏襲しており、プリセットでLINEのスタンプも使えます。LINEインターフェースに慣れているユーザには、導入教育期間、費用が抑えられるというのも利点で、iOS、Androidに対応し、1つのアプリですべての機能が提供されます。


P_SP_talk_grouptalk-2





料金プランは?
「Works Mobile」は、3つのサービスプランを提供しています。利用料は全てサブスクリプションで、年額、月額の2種類。3つのプラン全てにおいて無料のトライアル登録が可能となっています。

ライトプラン
1ユーザーあたり月額360円、もしくは、年額3600円(月300円)
「Works Mobile」の基本プランで、メッセンジャー、無料通話、ビデオ通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)、デバイス管理、監査・モニタリング、SLA保証の各機能が利用できます。

ベーシックプラン
1ユーザーあたり月額600円、もしくは、年額6000円(月500円)
ベーシックプランは、ライトプランの基本機能に加えて、メール、カレンダーと、Drive機能としてファイル共有(30GB)、グループフォルダ(1TB)を利用できます。

プレミアムプラン
月額1200円、もしくは、年額1万2000円(月1000円)
プレミアムプランはベーシックプランに加えて、トーク、メールのアーカイブ機能が追加され、メール保存容量は無制限に、ファイル共有が1TBに、グループフォルダが10TBに拡張されます。

※価格はいずれも税抜。

弊社(株式会社凌芸舎)のユーザ事例も公式サイトで公開頂いております。
https://www.worksmobile.com/jp/home/cases2


<問い合わせは>
株式会社凌芸舎
Works Mobile担当
naver@ryogeisya.jp

ホームページ
http://www.ryogeisya.co.jp/

今回は、NAVERが現在の地位を築く契機となった知識コンテンツ「NAVER知識iN」(지식iN)について、概要を2回に分けてお伝えできたらと思います。

知識コンテンツと言うと、日本では、「Yahoo!知恵袋」や「OKWave」、あるいは、「人力はてな」や読売新聞が古くから運営している「発言小町」などが浮かぶかと思います。それぞれに特徴がある訳ですが、「NAVER知識iN」にもユニークな特徴が幾つかありますので、その辺りも見ていきたいと思います。

*知識コンテンツ(Q&Aサイト)とは、文字通り、ユーザーが投げかけた質問に対して、第3者が回答を返してくれる疑問解消型コンテンツのことで、「質問と回答」は、過去ログとして蓄積されることで、知識検索としても再利用されるタイプが一般的です。


naver_knowledgeiN


# 韓国でのQ&Aサイトの歴史

現在では、韓国で<知識コンテンツ>と言えば、誰もがこの「NAVER知識iN」(2002年オープン)を挙げる程、韓国のネットユーザーに浸透したコンテンツなのですが、実は、「NAVER知識iN」よりも以前に「DBdic」というQ&Aサイトが存在しました。(2000年オープン)

dbdic

「DBdic」は、韓国の日刊新聞ハンギョレの運営で、一時期、大きな人気を集めたと聞きますが、2002年頃、有料化に踏み切り、ユーザーを一気に失ったと聞きます。その後、empas(2006年にSKコミュニケーションズに買収され、その後、NATEに統合されます。)に買収され、empas内の知識コンテンツ「知識取引所」に統合されました。

そんな中、弱小系も含めて韓国の殆どのポータルサイトがこぞって知識コンテンツを次々とオープンしていく訳ですが、時既に遅し、NAVERは、他のコンテンツでも既に多くのユーザーを獲得していた部分もあり、この分野でも一気にシェアを固めていくことになります。


# 「NAVER知識iN」の概要


SnapCrab_NoName_2014-10-30_21-29-2_No-00


■数字で見る「NAVER知識iN」

‐ サービス開始:2002年
‐ 1日あたりの質問数:7万5,000 ※累計1億3,300万
‐ 1日あたりの回答数:9万 ※累計1億8,100万
※項目数(質問数+回答数の累計)=3億1,400万
(2014.7基準)

ちなみにヤフー知恵袋(2004年開始)の項目数が3億6,000万(2013.6基準)です。サービス開始に2年の差はありますが、人口差(2倍以上)を考えると、いかに韓国で「NAVER知識iN」が利用されているかが分かります。

*「NAVER知識iN」のコンテンツは、他の韓国の検索エンジンではヒットしません。NAVERの統合検索、及び、「NAVER知識iN」内検索で知識検索が可能です。

■回答には、専門家も参加!

「NAVER知識iN」では、医療、法律、労務、獣医分野の質問に対して、その道の専門家である医師、歯科医師、漢方医、弁護士、弁理士、労務士、獣医が実名と顔写真とその所属を明らかにした上で回答してくれます。これにより回答の精度と信頼性を高めています。

NAVERでは、こうした取り組みのため、2007年12月以降、大韓医師協会やソウル地方弁護士会などと連携、協約を結んでいます。

↓ こんな感じでリストアップされています。現在、約3,000名の専門家が参加しており、その回答も約40万件に達しているそうです。勿論、専門家側もここに露出することで、自分の病院や事務所の宣伝にもなっている訳ですし、優秀な回答者には、NAVERでバナー掲示されたり、年間表彰などもあるようですので、NAVERと連携することでの各協会側もメリットもありますね。

naver_knowledgein


※エキスパートによる項目数(質問数+回答数の累計) 82万(2012年6月基準)

後編では、「NAVER知識iN」での優秀な回答者に与えられる名誉やポイントなどについても触れてみたいと思います。

↑このページのトップヘ