日本政府観光局(JNTO)が2016年1月の訪日外国人数を発表いたしました。

2015年の同期比で、52%増の185万人2000人。

1月としても過去最高だった昨年の121万8000人を大幅に上回りました。

中でも好調なのが韓国からの訪日客で、前年比43%増、単月50万人を始めて超える結果となりました。


inbound_total_201601



61078_01

※出典:読者数No.1の観光産業ニュース「トラベルボイス」を参考にさせて頂いております。

2020年の東京オリンピックに向けて益々盛り上がってきている国内のインバウンド特需。

多くの企業がインバウンド対策といえば、爆買いを支える中国人向け施策を行っておりますが、意外と多いのが韓国人。

韓国人は、中国人に比べ買い物などに比べると、ゴルフやスキーなどのスポーツや、グルメやアウトドアなどの「体験」にお金や時間をかける方向にあるようです。

是非参考にしてみてください♪