NAVER公式代理店 スタッフブログ

ポータルサイトNAVERの主要コンテンツの解説や、検索広告のご紹介<br>
韓国のネット事情から気になる最新情報までを発信していきます!

タグ:海外SEM

◆インフォキュービック・ジャパン(海外SEMスペシャリスト)、百度日本法人、凌芸舎(日本で唯一のNAVER公式代理店)の3社によるマーケティング対談の3部がアップされましたので、ご参照下さい。
3部
Baidu、NAVER、インフォキュービック・ジャパン中・韓・日、3ヶ国の専門家が海外SEMについて語る


主要テーマ:
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
- 中国・韓国ともに、邦人企業のリスティング広告は着実に増えている
- PCかモバイルか?ユーザーの行動を踏まえた広告出稿を
- 季節やイベントに合わせた出稿と、“川上”での情報提供が成果を上げている
- 韓国でのリスティング広告は、訪日旅行者向けの内容が成果を得やすい
- 「ブランドの信頼」があってこそ「口コミ」の効力が活きてくる
- ユーザーはまず商品名で検索し、ブランド名で購入を決定している
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3部では、海外SEMに際しての「ブランド(ブランドキーワード)」に対する考え方の部分で、3社とも広告主様との間で同じような問題を抱えていることが分かりました。

国内(日本)でのリスティング広告では、<ブランドキーワード>は、オーガニック側で誘導できるので、無理にリスティング広告側で購入する必要は無いというスタンスを取っている企業が多い印象があります。この点についての議論は、私がこの業界に入った2007年時点で既に各所で聞こえていた議論で、いまだに入札する派、オーガニック1位なら不要派の議論が続いています。

国内の議論は、置いておいても、こと海外SEMということになると、ブランドキーワードの入札(購入)は、肝要です!と声を大にしてお伝えしたいのです。

先ず、海外のネットユーザーが自国の検索ポータルで検索して、日本(自国以外)のサービスの予約や購入をするという場面を考えた場合に、そのサービス提供会社への<安心感、信頼感>は、非常に大きなCVへのプラス要因となります。では、その<安心感、信頼感>は、検索結果面で何を以て獲得できるかと言うと、その会社のブランド名の露出度だと思うのです。「ブランド露出面積」と言ってもいいかも知れません。リスティング広告側でちきんとしたタイトル(ブランド名含む)、説明文の露出があり、且つ、自然検索側でも当該サイトが1位と言わないまでも同一面にヒット、表示されていることの重要性を過小評価されているケースがあります。

更に、韓国のNAVERの場合などは、サイト審査が厳正ですので、一定の信頼感が担保された広告主でないと、リストアップされません。そういう意味では、リスティング広告側での露出は、非常に重要です。「NAVERは、競合キーワードの購入が審査NGなので、そもそも競合に自社ブランド名を買われて、ユーザーを奪われる心配が無いから、ブランド名は、リスティング出稿しなくてもいいのでは?」という単純な話ではないんですね。

また、NAVERは、統合検索を採用しているため、WEBサイトのオーガニック結果(NAVERでは、「WEBドキュメント」と言います。)がリスティング広告の直下にあるとは限らないので、検索結果上部でのリスティング広告での露出は、外せなくなってきます。

対談の中でも、触れましたが、ブランド認知ユーザーのCVRは、高い傾向があるので、そうした認知ユーザーの検索結果面で、企業側からの存在感を示せていないのは、大きなチャンスロスです。往々にして、ブランド関連キーワードのCPCが低いこと(NAVERの場合は、競合ブランド名は、購入NGのため、競争相手が存在しないため、ほぼ最低入札単価周辺。)を考えれば、低リスク高リターンのキーワードを購入しない手は無いですよね。

勿論、当該国でのブランドの一定度の認知が前提の議論だったりしますので、SEMと平行して、ブランディング施策が最重要であることは、言うまでもありません。CGMを利用したマーケティングやSMO、純広などでのブランディング施策がサーチ側にプラスに影響していくことを念頭に置きつつ、SEMを推進する必要がありますね。

2015年は、NAVERの広告収益全体に占めるモバイル広告の割合が大幅に増加するだろうという見方がアナリスト含め大勢のようです。2014年第4四半期で30%超、2015年には、50%を超えると予想されています。

昨年、一部の業種に限定してテスト販売し ていたモバイル向け検索広告「クリックチョイスプラス」が2015年は、本格販売する見込みであることを始め、韓国の高いスマートフォン人口普及率がモバイルインターネット利用率を更に上昇させており、NAVERでもモバイルの検索PVが昨年9月時点で、PCの1.6倍に達しているというデータも出ています。(*イメージ検索に至っては、PCの2.5倍!!)

チケット予約大手「インターパーク」(인터파크)のモバイルサイトが外部パートナーに加わるなど、外部のネットワークも強化されてきています。

そんな中、モバイル検索面の広告表示について、CTRの向上を目的に、可読性と視認性を高めたUI変更が昨日(1/7)行われました。こちらも数字の動きを見ていきたいと思います。


【変更前】
10964
【変更後】
 
11131

◆インフォキュービック・ジャパン(海外SEMスペシャリスト)、百度日本法人、凌芸舎(日本で唯一のNAVER公式代理店)の3社によるマーケティング対談の2部がアップされましたので、ご参照下さい。

2部
Baidu、NAVER、インフォキュービック・ジャパン中・韓・日、3ヶ国の専門家が海外SEMについて語る


【テーマ】
海外SEMを代理店に依頼するメリット(コスト面、運用面等)

-「海外に本社がある媒体」との契約も、日本の代理店に任せた方が手間もコストもカットできる
-事前に「キーワードの検索数」を知ることで、リスティング広告の失敗が少なくなる
-ネイティブだからといって、良い広告文を作れるとは限らない
-リスティング広告は、広告文の作成だけでなく日々の改善が大切
-代理店は、説明責任をしっかり果たしてくれるのもメリット
-リスティング広告からの売り上げが75%になった例も
-運用は出稿から分析・改善まで、すべて代理店にお任せでOK

( https://www.infocubic.co.jp/event/marketing_talk02.html


現在、日本企業のWebサイトは、急速に多言語化が進行しています。その際、英語を筆頭に、訪日数のベスト3国(台湾、韓国、中国 *1)に対応した言語、すなわち、中国語の簡体字、繁体字と韓国語(ハングル)は、セットで優先的に対応されている場合が殆どのように思います。

shibuya

多言語化の目的は、企業の業態、戦略によって様々ですが、例えば、「外国人の方にも自社のサービス、施設を利用して貰いたいので、日本在住、滞在の外国人向けに多言語化しましたよ。」というパターンをよく聞きますが、このスタンスの場合、概ね、更新もそこそこに途絶え、その後の誘導プロモーションを一切行わない場合が多いので、折角、コストとリソースを使って、多言語化したものの、PVがほぼ無いに等しいという状況に陥りがちです。これは、非常に勿体無いなぁというのが正直な感想です。

そこで、マーケティング担当の方に目を向けて頂きたいのが海外のリスティング広告です。CPC課金なので、低リスク且つ、費用対効果が高いのは、言うまでもないですが、それよりも、日本から韓国のNAVERや中国の百度にアクセスして検索を利用している韓国人や中国人は、沢山いるという事実と、これから観光、留学、ビジネスで来日を予定、検討されている韓国人や中国人に向けた、もっと大きな潜在顧客が着実に該当言語サイトにランディングしてくれるという点を考慮すれば、多言語化の次のステップの施策としては、是非、検討して頂きたいと思います。

*1  2014年1月~11月訪日外客数推計値(JNTO)
台湾 2,617,700人
韓国 2,484,400人
中国 2,219,300人

1部

↑このページのトップヘ