若干、間が空いてしまいましたが、今回は、「NAVER知識iN」における優秀な回答者に与えられる栄誉について触れたいと思います。恐らく、こうしたNAVER側からの評価・認定や表彰なども、回答者側のモチベーションアップに繋がっているのでしょうね。その盛り上げ方が実に上手いなぁと思いますね。

さて、早速、具体的にどんな栄誉があるのか見ていきます。

# 名誉知識iN(명예지식iN
その名もズバリ!「名誉知識iN」という最高位認定があります。「至尊」という等級以上を前提に継続的な回答活動、回答の専門性、その分野での寄与度をもとに半年1回選出されます。推薦数(10,000以上)なども評価に影響するようですね。具体的には、85%以上の回答採用率が必要だったり、1次選考では、数値実績もちゃんと考慮されている模様。

NAVERは、名誉知識iNを「回答者のロールモデル」と位置付けてるようですね。

meiyo


で、「名誉知識iN」に選定されると??

「名誉知識iN」
の殿堂(歴代の「名誉知識iN」が紹介されています。)にプロフィール写真とインタビュー記事(第120代のインタビュー)が掲載されたり、お祝いの「内面ポイント」が貰えたり、「名誉知識iN」だけが受け取ることができる記念品が貰えたりします。また、「名誉知識iN」イベントに招待されて、おいしい料理が食べれて、VIPギフトが贈呈されたりと、何やら特典がてんこ盛りですね。知識iNの運営オペレーターが厳正に選出した「真の知識iN」と言われるだけあります。今現在、まだ、120人しかいません。

event



# パワー知識iN(파워지식iN
次に「パワー知識iN」の選定基準や特典を見てみます。「名誉知識iN」に比べると、ハードルは若干下がるので、目指すなら、先ずこちらでしょう。

NAVERによると、以下の基準が記載されています。

「知識iNサービスで長い間活発な活動を行ったユーザーで、且つ、「至尊」評価以上のユーザーを対象に、毎年定期的に選定し、一度認定された「パワー知識iN」は、その後ずっとその資格を維持することが可能です。但し、運用ポリシーに反する行為を行った場合は、資格が剥奪されます。」
また、回答採用率は、70%以上、内面ポイント35,001以上(=至尊以上)が前提になっています。

----------------------------------------------------
*「パワー知識iN」の1人当たりの実績
-回答数 3,364
-採用率 85%
-受けたおすすめ数 5,790
-年間採用数 475
---------------------------------------------------

うん?1日1.3件のペースで採用されている訳ですね。これは、かなり勤勉さが要求されますね。(苦笑)
ちなみに現在、「パワー知識iN」の数は、4,600人を超えてますが、全知識iNユーザーの0.1%程度にあたるようです。「パワー知識iN」に認定されると、自動的に「名誉知識iN」の候補となります。

で、またまた気にかかる特典ですが、「パワー知識iN」には、以下が提供されます。

-回答の信頼性を確保するエンブレムが提供されます。
-クリスタルの感謝盾(idが刻印されている立派なもの)と記念品が贈呈されます。

記念品は、手帳や鉛筆、ネームカードなど、色々バリエーションがあるようですね。キットの中身をアップしているユーザーが結構いますけど、キーボードやマウスが別途、進呈されている時もあったようです。
 

power
power1



# ハッピービーン 해피빈 happybeen)について
「市民」等級以上のユーザーが知識iNで回答を1回採用されると、「豆」と呼ばれる単位のサイバーマネーがGETできます。1豆100ウォンの価値があり、これをハッピービーン財団に登録してある様々な公益団体(2013.12時点で5,858団体)の中から寄付先を選択して、寄付することができるというものです。

※ハッピービーン財団には、NAVERをはじめとした企業、団体、個人が寄付をしてします。

happybeen2

NAVERでは、ブログやカフェに投稿することでも「豆」が貰えますが、取り分け、知識iNでの回答採用の対価としての「豆」の支給は、困っている質問者への疑問解消に加えて、それによって得た「豆」を困っている人々への寄付に利用できるという意味で、ユーザー側からしたら、2回社会貢献できる訳で、非常に健全なモチベーションの喚起の仕方だなぁとつくづく感心してしまう訳です。

happybeen