NAVER公式代理店 スタッフブログ

ポータルサイトNAVERの主要コンテンツの解説や、検索広告のご紹介<br>
韓国のネット事情から気になる最新情報までを発信していきます!

タグ:クリックチョイス

こんにちわ!NAVERチーム広報の小太郎です。

今週のNAVER Keyword Trends(※)のテーマは、日本語留学・語学カテゴリーです。
是非、今後の訪日韓国人向けのマーケティングの参考にして頂ければ幸いです。

(※)NAVER Keyword Trendsは、NAVER Corp.から提供されるデータを元に、過去30日間のトレンドワードを調査、分析した弊社調べによるものです。

naver (1)


NAVER Keyword Trends【留学・語学】2018年4月





 Key Point>
今回は、日本の留学系キーワード全般に絞って抽出させて頂きました。
1位、2位になったキーワード「JLPT」「JPT」は日本では聞きなれないキーワードですが、日本語能力試験のそれぞれの名称で、外国人の日本語の能力を測定し、認定することを目的とした試験です。1位の「JLPT」は、国際交流基金と日本国際教育支援協会が、2位の「JPT」は、駿河台学園グループと韓国のYBM(韓国の外国語教育に関する独立機関)が、それぞれ運営しています。
参考で13位に日本の資格(일본어자격증)がありますが、韓国では、日本での就職や進学をする際に、こうした資格を求められるケースが多く、就職・進学の準備として、「資格」取得への興味、関心が高いことが伺えます。
また、5位の日本ワーキングホリデー(일본워킹홀리데이)や 7位の日本就職(일본취업)、8位の日本留学(일본유학)など、具体的な目的を持ったキーワードも多くランクインしています。


弊社は、韓国最大の検索ポータルサイトNAVERのリスティング広告を取り扱っている国内唯一の会社です。NAVERのリスティング広告以外にも、韓国で人気のカカオトークや、NAVERブログ、NAVERカフェで絶大の影響力のあるネイルドンの広告も取り扱っております。
広告クリエイティブの制作から、入稿管理まで行いますので、韓国語がわからない場合でもご出稿までサポートさせて頂きます。
韓国向けのマーケティング、韓国インバウンド(訪日韓国人)、在日韓国人へのマーケティングをご検討の際は是非お問い合わせください。


 お問い合わせ先>
韓国向けにリスティング広告を出稿するなら検索シェアNo.1のNAVER
https://naver-search-ad.ryogeisya.co.jp/

『NAVERブログSEOプラン』のご案内
http://navercom.blog.jp/archives/1068365956.html


今週のニュースクリップ>
韓国の日本旅行ブームが止まらない=1〜2月の訪日客、韓国人が最多
http://www.recordchina.co.jp/b589271-s0-c30.html

2月の訪日韓国人客18%増、同月ベース最多
https://www.nna.jp/news/show/1742350

1~2月の訪日外国人客 韓国人が中国人を上回り最多に
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/03/30/0400000000AJP20180330002100882.HTML

2015年は、NAVERの広告収益全体に占めるモバイル広告の割合が大幅に増加するだろうという見方がアナリスト含め大勢のようです。2014年第4四半期で30%超、2015年には、50%を超えると予想されています。

昨年、一部の業種に限定してテスト販売し ていたモバイル向け検索広告「クリックチョイスプラス」が2015年は、本格販売する見込みであることを始め、韓国の高いスマートフォン人口普及率がモバイルインターネット利用率を更に上昇させており、NAVERでもモバイルの検索PVが昨年9月時点で、PCの1.6倍に達しているというデータも出ています。(*イメージ検索に至っては、PCの2.5倍!!)

チケット予約大手「インターパーク」(인터파크)のモバイルサイトが外部パートナーに加わるなど、外部のネットワークも強化されてきています。

そんな中、モバイル検索面の広告表示について、CTRの向上を目的に、可読性と視認性を高めたUI変更が昨日(1/7)行われました。こちらも数字の動きを見ていきたいと思います。


【変更前】
10964
【変更後】
 
11131

NAVERの検索広告「クリックチョイス」(Click Choice)の統合検索結果面の広告のUIが一部変更になります。タイトルの全文が太字bold)になる予定です。タイトルにおけるキーワードインサートによる強調効果が事実上、無意味化してしまうので、変更後のCTRの動きが気になるところですね。UIテストとは謳っていないので、当面、このスタイルで行くのかもしれません。

余談ですが、Adwordsは、タイトル内のインサートキーワードがboldにならない事象がちらほら報告されているようですが、こちらは、逆にboldを外してのテスト?

■変更箇所:
NAVER統合検索結果面(PCについて)

■変更内容:
検索広告「クリックチョイス」(Click Choice)のタイトル全文が太字bold)に変更されます。
これに伴い、広告間の間隔が微調整される模様です。

■変更日:
2014年12月18日

<変更後イメージ>
ui

↑このページのトップヘ