韓国のネットユーザーに欠かせないコンテンツの1つに「カフェ」(카페)があります。

カフェと言っても、リアル店舗のカフェ(韓国は、物凄く多いですが)でもなく、ネット環境を提供するインターネットカフェでもありません。謂わば、ネット上で参加者が共通のテーマについて、情報交換を行うインターネットコミュニティのことを韓国では、カフェと言います。

韓国で最初にカフェが利用され始めたのが、現在の2ndポータル「Daum」が「Daumカフェ」を開始した1999年ですから、日本でmixiのコミュニティなどが流行る(2007年前後)かなり前から韓国では、こうしたCGMコンテンツが多くのユーザーを集めていたことになりますね。

現在では、No.1ポータルのNAVERの「NAVERカフェ」(2002年開始)がカフェの分野でもシェア1位になっており、 日々多岐に渡ったテーマのカフェが開設されています。

naver cafe


そんなカフェの中で、「日本旅行」をテーマにしたカフェで韓国で最も参加者を集めている「ネイルドン」(네일동)をご紹介したいと思います。

# NAVERカフェ 「ネイルドン」(네일동) http://cafe.naver.com/jpnstory.cafe

このネイルドンは、2003年の12月にNAVERカフェで開設されて以降、参加者を徐々に増やし、現在では、なんと65万人!!(650,051人*3/4)がこのカフェに参加しています。累積の書き込み数も95万を超えています。


neirudon


先月(2015年1月)の訪日数は、観光庁の推計値によると、韓国からの訪日外客数が358,100人で、2位の中国(226,300人)に大きく水をあけて1位でした。そんな韓国人旅行客が日本に来る前の情報収集源として挙げる媒体として、WEB分野でNAVERの検索以外で必ず登場するのがこの「ネイルドン」なのです。

「ネイルドン」には、実際に日本を旅行した韓国人ユーザーの体験談などが日々、相当数アップされているので、ここでの情報を頼りに旅行先やお目当ての飲食店を決めているユーザーは、多いはずです。65万人が参加しているだけあって、数分置きに新しい投稿がされています。

ちなみに余談ですが、弊社Naverチームの韓国人ネイティヴが渋谷の、とある店の格安海鮮丼ランチの投稿を1月30日にしたところ、本日時点で1,356Click発生しておりました。


また、国土交通省九州運輸局が、訪日外国人旅行客の利便性向上を図る目的で平成24年10月から、福岡都市圏を対象エリア とした外国人向け1日乗車券(FUKUOKA TOURIST CITY PASS)を販売した際の利用者アンケートによると、このパスの存在を自国、すなわち、韓国で知った利用者が48%、そのうち、WEB上で知ったと回答した利用者が34%、更にそのうちの7割が「ネイルドン」だったそうです。


こうした魅力ある媒体だけに、日本の訪日インバウンドに関連した企業様から「ネイルドンに広告を掲載できますか?」というリクエストを頻繁に頂きます。弊社では、以前からネイルドンの管理人様との連携で日本の企業、団体様に対して、ネイルドンのTOP面(PC)のバナー枠を販売することが可能となっております。

ana

もし、このエントリーをご覧になって、ネイルドンへのバナー出稿を希望される場合は、以下までお問い合わせ下さいませ。

■株式会社凌芸舎(RYOGEISYA Inc.)
TEL 03-6455-0187(イバラキ)
 e-mail