2015年は、NAVERの広告収益全体に占めるモバイル広告の割合が大幅に増加するだろうという見方がアナリスト含め大勢のようです。2014年第4四半期で30%超、2015年には、50%を超えると予想されています。

昨年、一部の業種に限定してテスト販売し ていたモバイル向け検索広告「クリックチョイスプラス」が2015年は、本格販売する見込みであることを始め、韓国の高いスマートフォン人口普及率がモバイルインターネット利用率を更に上昇させており、NAVERでもモバイルの検索PVが昨年9月時点で、PCの1.6倍に達しているというデータも出ています。(*イメージ検索に至っては、PCの2.5倍!!)

チケット予約大手「インターパーク」(인터파크)のモバイルサイトが外部パートナーに加わるなど、外部のネットワークも強化されてきています。

そんな中、モバイル検索面の広告表示について、CTRの向上を目的に、可読性と視認性を高めたUI変更が昨日(1/7)行われました。こちらも数字の動きを見ていきたいと思います。


【変更前】
10964
【変更後】
 
11131