◆インフォキュービック・ジャパン(海外SEMスペシャリスト)、百度日本法人、凌芸舎(日本で唯一のNAVER公式代理店)の3社によるマーケティング対談の2部がアップされましたので、ご参照下さい。

2部
Baidu、NAVER、インフォキュービック・ジャパン中・韓・日、3ヶ国の専門家が海外SEMについて語る


【テーマ】
海外SEMを代理店に依頼するメリット(コスト面、運用面等)

-「海外に本社がある媒体」との契約も、日本の代理店に任せた方が手間もコストもカットできる
-事前に「キーワードの検索数」を知ることで、リスティング広告の失敗が少なくなる
-ネイティブだからといって、良い広告文を作れるとは限らない
-リスティング広告は、広告文の作成だけでなく日々の改善が大切
-代理店は、説明責任をしっかり果たしてくれるのもメリット
-リスティング広告からの売り上げが75%になった例も
-運用は出稿から分析・改善まで、すべて代理店にお任せでOK

( https://www.infocubic.co.jp/event/marketing_talk02.html


現在、日本企業のWebサイトは、急速に多言語化が進行しています。その際、英語を筆頭に、訪日数のベスト3国(台湾、韓国、中国 *1)に対応した言語、すなわち、中国語の簡体字、繁体字と韓国語(ハングル)は、セットで優先的に対応されている場合が殆どのように思います。

shibuya

多言語化の目的は、企業の業態、戦略によって様々ですが、例えば、「外国人の方にも自社のサービス、施設を利用して貰いたいので、日本在住、滞在の外国人向けに多言語化しましたよ。」というパターンをよく聞きますが、このスタンスの場合、概ね、更新もそこそこに途絶え、その後の誘導プロモーションを一切行わない場合が多いので、折角、コストとリソースを使って、多言語化したものの、PVがほぼ無いに等しいという状況に陥りがちです。これは、非常に勿体無いなぁというのが正直な感想です。

そこで、マーケティング担当の方に目を向けて頂きたいのが海外のリスティング広告です。CPC課金なので、低リスク且つ、費用対効果が高いのは、言うまでもないですが、それよりも、日本から韓国のNAVERや中国の百度にアクセスして検索を利用している韓国人や中国人は、沢山いるという事実と、これから観光、留学、ビジネスで来日を予定、検討されている韓国人や中国人に向けた、もっと大きな潜在顧客が着実に該当言語サイトにランディングしてくれるという点を考慮すれば、多言語化の次のステップの施策としては、是非、検討して頂きたいと思います。

*1  2014年1月~11月訪日外客数推計値(JNTO)
台湾 2,617,700人
韓国 2,484,400人
中国 2,219,300人

1部